アイランドタワークリニックと他院との比較|全部まとめてみました

アイランドタワークリニックと他院との比較|全部まとめてみました

植毛は、大きく、人工毛を使用する方法と自毛による方法がありますが、自毛を使用する場合にはいくつかの方法があり、それぞれに特徴があります。大きくは外科的な手術を伴う方法と、メスを使用しないで行う方法の2つに分けることができますが、方法よって名称が付けられており、広く知られているものとしてはFUE法、自毛植毛ロボットを使用する方法、ストリップ法があります。
アイランドタワークリニックで行われているi-direct法は、FUE法の1つの形態になっていますが、植毛で一番重要となる定着率の面に関しては高い優位性があり、これらの方法と比較をすることによって内容をよく理解することができ、施術を受ける判断を行う場合にも参考にすることができます。
比較の内容としては、グラフト採取、毛穴の作成、植込み、生着率、術後に痛み、術後の傷跡、費用の面で比べることができ、まず、採取に関しては、ストリップ法を除いては、パンチを使用してドナー採取が行われます。スプリット法ではメスで帯状に切り取ることで行われますが、他の3つの方法ではメスは使用されず、毛包を1本ずつ採取されることになります。ここでの違いは、チューブパンチの細さがあります。アイランドタワークリニックで提供されるi-direct法では0.8mmの極細のチューブパンチを用いており、他での1.2mmに比べ仕上りに大きな違いが生じることになっています。
毛穴に関してもスプリット法ではメスで切れ込みをいれますが、他ではパンチグラフトやニードルで毛穴を作っており、ここにおいてもi-direct法では0.6mmの極細タイプを使用しているために、バランスの取れた植毛配置が可能になっています。
植毛で、患者にとって最も重要なものとして生着率がありますが、他の方法の場合には、概ね、80~95%がその数値となっていますが、i-direct法では95%以上という数値となっており、信頼の高い施術法になっています。
i-direct法では、術後の傷跡に関しても高い優位性があります。一般的なFUE法では、採取後に白い点が残ることになり、髪が短い場合や上げたときには他からも分かることになります。また、ストリップ法では、同様に細く横のラインが残ることになりますが、i-direct法では、ドナー採取や植込みでの毛穴が非常に小さく傷跡も残らないために、完治すると共に他からは分からなくなります。
費用に関しては、i-direct法やFUE法ではどうしても手作業が多くなるために高めとなり、反面、自毛植毛ロボットやストリップ法ではやや低めの施術費用となります。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!