植毛すれば5年後、10年後もフサフサ?術後の経過を調査!

植毛すれば5年後、10年後もフサフサ?術後の経過を調査!

自毛植毛を受けた人は、5年後や10年後の髪の毛の状態が気になる人が多いようです。まだ手術はこれからという人も、髪の毛の状態がいつまで続くか心配だという人もいるでしょう。薄毛を改善するために細胞まで移植し、せっかく毛が増えたとしても、5年後や10年後に再び毛が抜け落ちてしまってはぬか喜びになってしまいますし、高価な治療費が無駄になってしまいます。そのためにも、自毛植毛とはどういうものか、そこから得られるメリットとは何かを再び考える必要があります。自毛とは文字通り、自分の毛を指していて、自毛植毛の手術を受ける時は側頭部か後頭部の毛髪を細胞ごと採取して、薄毛の気になる箇所に移植することになります。何故、側頭部や後頭部の毛を使うのかに関しては、男性型脱毛症に影響による問題に起因しています。男性型脱毛症は前頭部の生え際や頭頂部から毛が少しずつ抜け落ち行く症状で、男性ホルモンの異常が原因となってヘアサイクルが狂うことで起こります。ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期があり、それぞれの期間で毛が成長したり抜けたりするのですが、男性型脱毛症は毛が成長する期間が非常に短くなることで、通常は太く黒々とした毛になるはずが、薄く細い毛のまま抜けていくようになります。男性ホルモンが異常を起こした際の頭頂部などには、DHTと呼ばれるホルモン物質が多く見つかっており、この物質が薄毛になる原因と言われていますが、側頭部や後頭部はこの物質の影響が少ないことが分かっています。実際に男性型脱毛症にかかる人でおでこから上の生え際、頭頂部以外に薄毛になっている人はいません。そこで、側頭部や後頭部の健全な細胞を移植することが、最も合理的な方法となります。もともと影響の少ない部位を使うことで、移植後でも薄毛になる可能性は低く、自分の細胞を使うことから人工毛のような拒絶反応もありません。毛を生み出す毛包細胞のおかげで、いくら毛が抜けようとも、健全な細胞であれば再び毛は生まれ変わってきます。基本的に移植された細胞と同様の反応が起こるので、後頭部から移植したのであれば、後ろの毛が白髪になると同時に、移植した毛も白髪になると言われています。つまり、一度でも定着してしまえば、あとは5年後や10年後でも髪の毛がなくなる心配は必要なく、毛は生涯ずっと生え続けるということです。人工毛のように数年おきのメンテナンスで通院する必要もなくなるので、半永久的な自分の髪を手に入れることができます。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!