【植毛】植毛がバレることはあるの?

【植毛】植毛がバレることはあるの?

自毛植毛は、脱毛が進行している以外の部位から健康な髪の毛を皮膚ごと採取して、それを薄毛の部分に移植していく方法です。

もともと自分の髪の毛であり細胞なので人工毛のような拒否反応や炎症を起こす可能性が少なく、一度自分の髪として定着してしまえば術後のメンテナンスはほとんど必要ありません。

また、もう二度と生えてくることはないと思っていた場所に再度毛を生やすことが期待できるという点では唯一の方法でもあります。

自毛植毛の発毛効果が高いことが分かっていても、それでも躊躇してしまう理由があるとしたらそれは周囲にバレるのではないかという不安ではないでしょうか。

植毛は麻酔をかけて行う手術なので、手術直後は包帯を巻く必要がありますが、クリニックによって包帯を巻いている期間は異なるとしてもほとんどの場合手術の翌日の夜には外すことが可能で、シャンプーでの洗髪も解禁になりますので、術後当日と翌日の2日間だけなんとか誤魔化せば良いということになります。

包帯の跡を隠すには、多くの手術を受けた患者さんはニット帽などをかぶって過ごす人が多いようです。
そのため、翌日から仕事に行かなければならない時に手術を受けるよりも、長期の休みが取れるときに手術を受けるようにするのが良いでしょう。

また、床屋や美容院などに通った時にバレるのではないかと不安に思われる人もいるかと思われます。

しかし、美容院や床屋ではバレることについてはほとんど心配はないと考えていよいでしょう。
なぜなら、いくら髪の毛の専門家であっても自毛植毛を受けた人の術後の髪の状態を見たことがある美容師さんは少ないため、手術を受けたこと自体に気づかないらしいのです。

加えて、美容師さんは髪には注目しますが頭皮までは意識してみることがないのと、もし気づいたとしてもお客さんが気にする恐れのあることはあえて聞かないようにするのではないかと思われます。

ただ、カラーやパーマをかける場合には、頭皮にもパーマ液やカラー剤が染み込んで傷口が痛む可能性もあるので、しばらく控えるようにするのが良いでしょう。

手術の内容によっては、髪をかりあげたり坊主にしたすることもあるので、そういった場合には何かしたことには気づいてもそれが移植かどうかということまでは他人には気づきにくいと言えますので、植毛において周りにバレる不安を気にして手術を断念するのはもったいないことと言えます。

費用は高額になりますが、それでも受けたいと思っているのであれば思い切ってまずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!