植毛|fue法ってなんですか??

植毛|fue法ってなんですか??

植毛には、かねてから行われている外科的な内容が伴うfut法の他に、比較的新しい施術法としてのfue法があります。かつてはドナー採取に手間取ることもあり、少量で行うことができるプチ植毛や狭い範囲での施術に使用されていましたが、現在では、その採取可能数も増え、なによりも切除が伴わないために患者へのストレスも少ないことから、多くのクリニックで行われています。
fue法では、まず、直径1mm程度の極細のパンチを使用してドナー採取が行われます。ここでは、主に後頭部付近から採取が行われ、毛根の切断率を下げるために熟練した医師によって一本づつ行われていきます。そして採取されたドナー株は極細のブレードによって開けた穴に、採取と同様に一本づつ移植が行われ、施術は進められていきます。
fue法では、外科的な施術は行いませんが採取時にくり抜いた穴は残ることになり、そのまま自然にふさがるのを待つことになります。そのためにくり抜いた数だけ白い点が傷痕として残り、髪が伸びるまでは目立つことになってしまいます。採取の数が多いなど、場合によっては後頭部全体が広範囲に薄毛になることもあり注意が必要になります。fue法で難しい面としてはfut法と同様に全て人力で行われることがあり、そのためにドナー採取に関しても医師の経験とレベルが結果に大きく影響してくることになります。また、毛根の切断率に関しても、施術は本数によっては数時間に及ぶこともあり、どうしても限界が生じることになります。そのために、現在では医療用ロボットを使用した施術も行なわれており、その仕上がり具合の良さや定着率の高さから、導入されているクリニックの数も増えてきています。
医療用ロボットの大きな特徴としては、まず、ドナー採取の正確さをあげることができます。ここでは植毛ロボットが髪の角度や向き、また、密度や本数に関して正確に把握するようになっています。そして、医師は画像を確認しながらモニタリングチェックを行い、正確迅速にドナー採取が行えるようになっています。また、採取の際は、ロボットにより髪の密度や本数などが正確迅速に計算が行われ、採取部分が自然な仕上がりになるように、最適な間隔でドナー採取が行えるようにもなっています。採取は何万通りという統計データから割り出され、肉眼でも確認できない毛根の角度を計算して行われ、マイクロスリットメスと呼ばれる機器にてスリットが入れられ植毛が行われます。傷痕はほとんど目立たなく、fue法では最新式の施術方法となっています。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!