植毛|fut法がおすすめなワケとは??

植毛|fut法がおすすめなワケとは??

植毛は、最近においては自毛による植毛が中心として行われていますが、その中にの1つにfut法と呼ばれるタイプがあります。この方法は、植毛としては以前から使用されており、外科的な内容が伴う施術になります。
施術は毛包ごとに頭髪を移植することによって行われ、メスを使用してドナー頭皮を切り取りドナー株を採取することによって施術が進められます。通常、後頭部の頭皮を採取することが多く、概ね上下約1cm、長さ20~30cm、深さ3~4mm程度で切り取ることになります。皮膚を細く切り取ることからストリップ法とも呼ばれることがありますが、施術の流れとしては同じ方法によって行われることになります。採取された部分は、上下を寄せるようにして縫合が行われますが、細いラインが傷痕として残ることもあり、髪が伸びるとともに分からなくはなるものの気にする人もおり、その場合には別の施術方法が選択されることもあります。
採取されたドナー皮膚は、顕微鏡で1つひとつ毛包単位に切り分けられ、グラフトと呼ばれる移植株が作られていきます。fut法ではドナー皮膚からの採取となるために、一度に多くのグラフトを作ることができ、そのために広範囲での脱毛の治療や、また、高密度の植毛が行えるようになっています。自然な仕上りや濃さ、ボリューム感を出せることから施術の中心にしているクリニックも数多くあり、費用に関しても他の施術の約半分程度に抑えることができるようになっています。
植込みに関しては、スリットと呼ばれる、小さな切れめを頭皮に作り、そこにグラフトごとに植込みが行われていきます。この場合には拡大鏡で確認をしながら行われることになり、毛包に傷が付かないように注意して行われることになります。スリットは、その角度や方向によって移植された髪の生える方向がきまるために非常に重要な要素となり、その間隔においても仕上りや髪の濃さ、またボリュームにも影響があるために十分な確認を行いながら進められることになります。
futはスリット状にドナー皮膚の採取を行い縫合するためにその後では地肌が透けて見えるはありませんが、いくつかの難しい面があり、その1つに全て人力での判断となることがあります。そのために、医師のレベルによってはグラフト採取などで傷を付けてしまうこともあり、結果として定着率の低下を招いてしまいます。また、ある程度まとめての採取となるために弱い毛根も一緒に採取がされることもあり、この場合には定着が非常に弱くなってしまうことがあります。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!