植毛を検討中?【比較】あなたにあった薄毛対策の選び方

植毛を検討中?【比較】あなたにあった薄毛対策の選び方

植毛手段をきちんと比較してから手術を行えば、間違えのない植毛をする事が可能です。手術を比較するときに大切なのは、薄毛の代表的な症状である男性型脱毛症に対する有効な治療法であるのかどうかという観点から比較することです。一般的に、男性型脱毛症の対策として実施されている手術には二つのものが存在します。
一つは、人工毛を抜け毛が進行している部分に移植する手術です。この手術は、植毛の中でも最も歴史が長い手術なのですがその影響もあって様々な問題点が提起されてきました。確かに、人工毛で増毛をする手段は近年でも積極的に行われているのですが、従来までのように直接的に頭皮に対して植えていくような方法を採用されていません。従来までは、人工的に作った髪の毛を頭皮に植えていき、好きなようにヘアスタイルを変えることが出来ていたのですがそうした手術には後遺症として色々な問題点が出てくることがわかりました。例えば、移植をした後の人工毛の処理の方法を間違えてしまうと頭皮が炎症することです。それだけではなく、途中で人工毛が切れてしまうと患部が化膿することもわかってきましたので、こうした直接的な移植は近年ではほとんど行われていません。増毛目的で行う際には少ない髪の毛に人工毛をくっつけて処理を行いますし、手術をするときには直接頭皮に植えないように薄い膜のようなヘアシートをつけてから植えていきます。こうすることによって、頭皮に悪い影響を与えることなく手術をする事が出来ます。
もう一つの方法が、自身の髪の毛を新しい髪の毛として成長させるために薄毛の部分に髪の毛を植えていく方法です。この手術は自毛植毛と言われていますが、自毛で行われる手術では人工毛のときのように手術後の副作用やそれに伴う後遺症を全く心配する必要性がありませんので、安心して手術をする事が可能です。ドナーとして髪の毛を採取する方法に関してはメスで直接頭皮から採取する方法と、専用の機器を用いて頭皮ごとドナーをくり抜いていく方法の二つがあります。人間の頭皮の状態は環境によって大きく変わりますので、メスで手術をしようとしてもかたい皮膚を持っている人だとドナーを採取することが出来ません。そのため、頭皮の状況に応じて様々なドナーの採取方法を用意しているわけです。実際に採取するときには痛みを感じやすい人のために麻酔を準備しているクリニックもあります。その点も比較も行って植毛を検討することが大切です。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!