育毛と植毛の違いを調査|あなたにあった薄毛治療ガイド!

育毛と植毛の違いを調査|あなたにあった薄毛治療ガイド!

薄毛治療を行う際においてまず候補に挙がってくる方法であるとして考えられるのが育毛です。
しかしそれと同じく、薄毛治療の方法を調べていく中で候補として上がってくることになるのが植毛でしょう。
これら二つの方法は軽く比較してもさまざまな違いがありますが、どちらを治療法として選ぶかということは後々にも多大な影響を与えてくるポイントとなることは間違いありません。
従って、薄毛を実感し始めた際にはそれぞれの方法の特徴をしっかり押さえて検討していくことが必要になるのです。
さて、それではそれぞれの方法の特徴についてですが、まず育毛について見てみましょう。
育毛とは毛を育てる方法であり、主に「髪の毛が薄くなってきた」と感じた時に行う方法です。
ここまでは当然のことですが、忘れてはならないのは「育てるには本来の髪の毛が必要だ」ということでしょう。
例えば現状、細く切れやすくなった髪が増えてきた、また色素が薄い白髪が増えてきたというようであれば、この方法は最適な物となり得ます。
そうした状態を改善し、本来の太くたくましい毛髪を作ることが出来れば理屈のうえでは薄毛を治療できることになるからです。
ただネックになるのは現状、これを100%確実に実現できる医薬品は無いことです。
薬であるプロペシアやミノキシジルはかなり高い効果がありますが、それでも絶対に、すぐに効果が出る保証はありません。
加えて毛根自体が失われているのであれば育てる髪の毛自体が無いわけですから、効果が出ないということも考えなくてはならないでしょう。
対して植毛はどうかというと、これは髪の毛を植える治療法です。
この基本部分は先ほどの「髪の毛を育てる」とは全く異なるものであるとして考えてください。
植毛は髪の毛を植える治療法なのですから、既に存在している髪の毛の質を改善したり、生えてくる本数を増やしたりといったような効果はありません。
しかしそうした点に対して大きなポイントになるのが「毛根が失われていても髪の毛を植え付けることが出来る」ことでしょう。
現在主流となっている自毛植毛では後頭部などでまだ残っている髪の毛を採取して前頭部・頭頂部などの薄毛になりやすい部分に移していくことになりますが、この方法は育てるよりもかなり確実に薄毛を改善していくことが出来ます。
ただし外科手術であるため肉体への負担は大きいこと、また方法として既に存在する毛根を移動させるためであるため総数をプラスすることはできないことがデメリットです。
総括すると「薄くなってきた」という程度であれば育毛を行い、「生えなくなってきた」というようであれば植毛を検討するべきだと言えます。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!