【植毛】人工毛・自毛の寿命について詳しく教えます

【植毛】人工毛・自毛の寿命について詳しく教えます

植毛は、薄毛が進行している場所に人工毛や自毛を移植することで発毛効果を得る方法ですが、植毛における寿命とはどれくらいのものなのかご存知でしょうか。

移植して直接頭皮に埋め込んでいくわけですから、一生長持ちするのではと思うのが普通かもしれません。
ただ、方法によっては寿命で抜けてしまうことがあるので、注意が必要です。

植毛には、大きく分けて2種類存在し、人工毛を使用して移植する方法と、自分の毛を移植する方法です。

人工毛を移植する方法は、化学合成繊維で作られた人工毛を当否に移植していく方法で、毛周期に関係になく一気に髪の毛を増やすことができるのがメリットですが、頭皮が人工毛を異物として拒否反応を起こして炎症や頭皮の腫れなどのトラブルが出る恐れがあります。

そのため、人工毛は当否に定着せずに1~2年ほどで抜け落ちてしまうため、抜けた毛を補うために定期的なメンテナンスが必要になります。

一方、自毛で移植する方法は、断線ホルモンの影響を受けにくい後頭部の毛を皮膚ごと採取して、薄毛が進行した部位に移植していく方法です。

もともとは自分の細胞であったため、拒否反応が少なく定着率が高いのが特徴です。
移植した直後はショックロス現象と言って一時期だけ脱毛症状が出ることもありますが、その時期を経て生えてきた髪を半永久的に生えてきます。

10年後であろうと20年後であろうと毛周期以外で抜け落ちることはありません。

移植する髪の毛を採取する後頭部の毛は、頭頂部や生え際などに比べて男性ホルモンの影響を受けにくい部位でもあるため、その後頭部の毛を移植することで丈夫で抜けにくい髪へと生え変わるのです。

ただ、いくら自毛植毛に寿命がないといっても、定着率が95%以上だといっても、100%でない限り発毛効果が得られないこともあります。

加えて、自毛での移植の場合は発毛効果が実感できるまでに3~4ヶ月、満足をするくらいまで移植した部分の髪が生えてくるまでには10ヶ月ほどかかりますので、早く効果を実感したい人にも向いていません。

また、薄毛の進行度合いが重度で後頭部まで脱毛が進行している人は、移植する毛を採取することも難しくなるので、自毛植毛自体受けられなくなりますが、人工毛の移植であれば可能です。

このように、寿命が関係ない場合の手術とメンテナンスが必要である手術を別れますので、自分がどの方法で発毛したいか、あるいは自分の毛でなくても良いから早く薄毛を改善したいなど、どうしたいのかよく考えてから手術を受けるようにしましょう。

もし迷っているのであれば、無料カウンセリングで医師に直接相談することもおすすめと言えます。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!