切らない植毛が人気|安全性も効果もこれだけ違う!

切らない植毛が人気|安全性も効果もこれだけ違う!

植毛には、大きく人工毛によるものと自毛によるものとの2つがあり、これまで、その多くが外科的にメスを使用することによって行われてきました。特に最近主流となっている自毛植毛においては、頭皮をスリット上にカットし、そこからドナー株の採取を行う方法が用いられており、施術には患者やの精神的な苦痛や、術後においても傷痕が残るなどのなどの問題がありました。しかし、現在においては切らないで行う植毛が盛んに行なわれており、施術の判断をする場合にはメリットやデメリットなどの特徴を踏まえた上で依頼をすることが必要になります。
切らないで行う施術はFUE法と呼ばれており、この方法では毛根を傷つけないようにパンチブレードを使用して1本1本毛穴ごとくり抜いてドナー採取が行われます。そして移植にはセッターと呼ばれる機器を使用して毛髪が1本ずつ植えこまれていきます。これまでは、ドナー採取においてどうしても白い点が残ってしまい、髪を上げた場合には採取地が目立つようになっていましたが、最近では使用されるパンチブレードやセッターも極細のものが使用されるために、その傷痕も他からはほとんど分からないようになっています。但し、デメリットとしては、全てを医師の人力で行うために、技術の差が現れてしまうことがあります。特にドナー採取に関しては、毛髪の向きにも個人差があり採取には時間がかかることになります。また、人の手で行うために毛根を傷つけてしまうこともあり、この場合には術後の定着率にも大きく影響することになってしまいます。そのために最近では同じ方法ではあるものの医療用ロボットが活用される場合も多く、クリニックにおいてもその導入が広まっています。
医療用ロボットを使用した場合には、まず、医師はモニタリングチェックを行いながら、コントロールしながらのスピーディーなドナー採取を行うことができるようになります。ここでは、毎秒50回という多さでカメラによる撮影が行われ、髪の角度や向き、また密度や本数が正確に把握されることになります。そしてそれらは正確に瞬時計算されることで、採取部が自然な仕上がりとなるように最適な間隔でドナーの採取が行われます。また、この場合、皮膚にテンションをかけて引っ張った状態で行われるために、採取後はテンションを外すことによって、その傷痕はほとんど確認することができない状態となります。
植毛は、同じ施術でも受ける人によっては効果が違う場合があり、事前にカウンセリングを受けてから、施術の判断をすることが最適な方法になります。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!