植毛手術で傷は残る?治るならどれくらいの時間がかかるの?

植毛手術で傷は残る?治るならどれくらいの時間がかかるの?

植毛には自分の地肌に直接人工毛、あるいは自分の毛を植え付けていく薄毛対策治療です。人工毛の場合、時間も短くてすみ希望の長さの毛を多量に植え付けられるのですぐに思い通りの髪型になれる点が利点です。自毛が少なくても対処でき、コストを抑えることが可能です。ただ一定のサイクルで抜け落ちるので定期的なメンテナンスが必要です。また異物を皮膚内に埋め込むため、傷や炎症などトラブルに発展する可能性があります。これに対して自毛植毛は、比較的初期費用は高価ではあるものの後頭部に残る毛根は場所を変えても生育し続けるという特性を生かした施術であり、特にAGAと呼ばれる男性補ホルモンが原因の進行性薄毛に有効でありながら、拒否反応が少なく生着率が8割以上と高いのが特徴です。生えそろうまでに数か月はかかるものの、その後は自分の髪の毛が伸びるのでケアの必要はありません。自分自身の健康な毛が残っている事が前提ですが対費用効果が高い方法です。自毛の場合、施術法は大きくわけてふたつあります。ひとつはメスを使って頭皮の一部を切り取るストリップ法で、一度に複数の毛根を移植できるので技術的にもそれほど困難ではなく、施術時間もそれほどかかりませんが、傷のあとが目立ちがちで、術後しばらくは痛みや違和感を感じることがしばしばあります。これに対し専用のパンチで毛包をひとつひとつを1mm前後サイズでグラフト採取していくFUE法は、細かい作業で手間とコストはかかるものの、自然な仕上がりでデザインや密度を調整しやすいのが利点です。移植先につくる毛穴も似たようなサイズで多少の出血はありますが10日ほどでかさぶたになり、はがれたあとはほとんど傷は目で見る限りはわからない程度に抑えられます。また生着率もストリップ法より高く平均9割を超え、複数回移植しやすいのも特徴です。1日がかりの施術時間になることがほとんどで、包帯をしばらく巻いて保護をしますが入院する必要はありません。効果が確認できるまでに長期間かかるうえにケアをし続けなければならない育毛と異なり、植毛はいったんは皮膚に傷をつける必要がありますが、その後の日常生活では特別な配慮をしなくていい手軽さが利点です。炭酸は頭皮の血管を活性化し流れを増加する作用があるので植毛後の定期的に通うことでさらに長持ちをさせるとともに肌の新陳代謝を促すので傷口のあとをはやくきれいにする効果が見込めます。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!