植毛|こめかみの薄毛が気にななる人必見※解決方法

植毛|こめかみの薄毛が気にななる人必見※解決方法

男性の薄毛は、こめかみから頭頂部にかけての部分に集中していることが特徴です。これは、この部分は特に男性ホルモンの影響を強く受けてしまうからで、思春期以降に徐々に進行することになります。この症状は、男性型脱毛症とも呼ばれており、日本人男性の約30パーセント程度に発症すると推測されています。

この症状の根本的な原因は、男性ホルモンのテストステロンです。ただし、テストステロンが直接作用するのではなく、一部が変化して作りだされるDHTという物質によるものです。こめかみから頭頂部にかけての毛根には、テストステロンをDHTに変換するⅡ型の5α還元酵素が分布しているので、この部分に薄毛が集中することになります。

なお、DHTは男性性器の発育に関与している物質で、テストステロンは骨格や筋肉を成長させるために分泌されます。これらは男性であれば全員が保有している物質ですが、全員が薄毛になるわけではありません。Ⅱ型の5α還元酵素の分量や毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体の感受性が発症を左右すると推測されており、これらは遺伝的な要因により決定されます。つまり、自分の意志の力で男性型脱毛症の発症を防ぐのは出来ないということになります。

ただし、打つ手立てが何もないというわけではなく、現在では様々な治療法が考案されています。特に、こめかみ部分の薄毛を改善するために効果的なのが、後頭部の毛根組織を移植する自毛植毛という治療法です。自分の毛根組織を使用するので、高確率で定着する上に、アレルギーや拒否反応などの異常が発生する心配はほとんどありません。

定着した毛根組織からは、内部にある毛母細胞の分裂により正常な成長を遂げる頭髪が作り出されます。かつらや増毛ではないので、施術後のメンテナンスは原則として不要です。散髪やシャンプーも思いのままであり、現在ではメスを使用しない方法も開発されているので、傷跡が目立つということもありません。つまり、自毛植毛を行ったことを知られる心配はないということです。

なお、自毛植毛は美容目的で行う治療と認識されており、健康保険が適用されない自由診療に分類されています。これは、頭髪は健康に対して直接影響する部分ではないからであり、治療費は全て実費となります。このために、施術を行う前の比較検討が必要となります。自毛植毛の安全性は日本皮膚科学会でも認められており、推奨できるという評価を得ています。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!