植毛すると後頭部に傷が残る?【後悔したくない人必見】

植毛すると後頭部に傷が残る?【後悔したくない人必見】

頭髪は見た目のイメージを左右する重要なポイントですが、栄養素の残りの部分により作られるので、全部失ったとしても肉体的には全く影響を受けません。このために、地肌が完全に露出している様な薄毛の人でも、医療機関では治療の対象としては取り扱っていませんでした。また、どのような理由で薄毛が進行するのかについても解明されていなかったので、効果的な治療法自体がなかったということも関係しています。

しかし現在では、男性の薄毛についてはかなり解明されており、効果を発揮する治療薬も開発されています。以前より、男性と女性の薄毛の発症率の違いは、ホルモンの作用によるものと推測されていました。これが、さらに進められた結果、現在では男性ホルモンのテストステロンが、鍵を握っているということが判明しています。

男性ホルモンのテストステロンは、筋肉や骨格の形成に関与している物質で、思春期以降に分泌量は急増します。この内の一部は、Ⅱ型の5α還元酵素に変換されてDHTという物質が作りだされます。この物質が、生え際から頭頂部にかけての毛根内部に存在している毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結び付くことにより、皮脂の分泌量が増加すると共に毛周期が狂わされてしまいます。これにより、通常であれば2年から4年程度成長する頭髪は半年程度で寿命を迎え抜け落ちてしまうことになります。

このために、男性の薄毛は生え際から頭頂部にかけて部位に集中しているのが特徴です。一方で後頭部の頭髪は、健康的な状態を保っているのが大部分となっています。この後頭部の毛根を薄毛部分に移植するのが、自毛植毛という治療法です。イギリスの有名サッカー選手が成功したことも報道されており、安全性と効果の両方において高く評価されている薄毛の治療法です。

現在最先端の自毛植毛では、後頭部の毛根組織を採取する際にメスを使用することはありません。専門の機器を使用するので、短時間で施術を完了させることが出来ます。これにより、傷跡が残りにくいうえに痛みに苦しむこともありません。また、入院する必要もないので、忙しい人でも施術を受けることが可能です。

定着した毛根組織は、再び毛母細胞の分裂により頭髪が成長することになります。これは、増毛やかつらとは異なり自分自身の頭髪なので、シャンプーやカットは自由に出来ます。また、施術後の定期的なメンテナンスは不要であり、面倒な問題は何もありません。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!