くせ毛でも植毛できますか?【植毛の疑問を解決】

くせ毛でも植毛できますか?【植毛の疑問を解決】

よく耳にすることとして、くせ毛の人は自毛植毛できないのではないかとか、自毛植毛によってくせ毛になってしまうのではないかといった事柄があるでしょう。一般に直毛の人がほとんどであるとはいえ、中にはカールがかかった髪質の人もいるため、この点は是非とも知っておきたい点です。
さて、くせ毛の人でも自毛植毛できるかどうかという点ですが、もちろん施術は可能です。ただし、採取して移植した髪にくせがある場合は、移植後もやはり同じ性質を帯びることになります。それで、あまりにもくせが強い場合には、医師の側により高い技術が求められることになるでしょう。より自然な仕上がりのためには、くせのある髪の流れに沿って上手に移植することが必要となるからです。
またもう一つ問題となる点として、くせがあるために、本人の希望する仕上がりのイメージと、施術後のヘアスタイルとが異なってしまうということがあります。こうした事態を改善するために、事前に医師との良いコミュニケーションを保つよう勧められています。加えて、くせが強い場合、毛根部分が率直ではなく、横に曲がっている可能性があります。そのため、採取する際に大事な根本を切断してしまう危険があるため十分の注意が必要でしょう。しかし基本的には、くせがあっても施術を受けることができますし、採取した自毛をしっかり生着させることができるでしょう。
ところで、もう一つの心配は、植毛によってくせ毛になってしまうのかどうかというものです。基本的に言って、採取された自毛は、移植された後に突然髪質が変わってしまうことはありません。そのため、もともと直毛の方であれば、施術を受けた後もやはり直毛のままで、急にカールしてしまうということはありません。ただ、採取した側頭部や後頭部の髪がカール気味であるとしたら、その髪を移植した頭頂部や生え際も同じようにカールしてくることは十分考えられます。
それで、どうしてもくせが気になり矯正をしたいという方は、自毛植毛の後に矯正することができるでしょう。ただし、施術後の頭皮や髪は、たいへんデリケートな状態になっているものです。そうした状態で縮毛矯正やストレートパーマの薬剤を使用すると、頭皮にかなりのダメージを与えてしまうことになるでしょう。それで、医師によく相談するとともに、施術後十分の時間が経過してから、縮毛矯正やストレートパーマなどをかけることができるでしょう。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!