植毛は面積によって費用が違う|症例別費用の目安

植毛は面積によって費用が違う|症例別費用の目安

成人男性には男性型脱毛症(AGA)という、薄毛と抜け毛が進行する病気があり、これを発症すると額の生え際や頭頂部の髪が細くなったり抜け落ちていき、徐々にM字ハゲやつむじの周囲が薄い髪型へと変わっていってしまいます。
男性型脱毛症は何の治療も施さないでいると薄毛が進行していくことが特徴なので、薄毛部分の面積が広がるのを防ぐには、早めに対策を取るのが良いと言えるでしょう。
そんな男性型脱毛症の改善方法のひとつに、自毛植毛という方法があり、これを専門に行うクリニックやAGA治療クリニックで受けられる施術となっています。
自毛植毛は、男性型脱毛症の影響が出ない後頭部や側頭部から元気な毛髪とその周囲の細胞を採取し、薄毛になっている生え際などの部分に移植するという治療法で、手術を受ける患者さん本人の毛髪を移植するため、拒絶反応の心配がない安全性が高い方法であることが優れている点です。
自毛植毛を受けるのにどの位の治療費用がかかるかについては、診察代や検査代などの基本的な費用に、移植する髪の本数や採取する頭皮の面積などの、患者さんそれぞれの施術内容によって変わってくる費用を足すことにより決まります。
つまり、薄毛になっている面積が広いほど治療費が高くなるということなので、薄毛が気になりだした人は、薄毛の部分が大きく広がってしまう前に自毛植毛の手術を受けるのがおすすめと言えます。
患者さん自身の毛髪を薄毛になっている部分に移植することで薄毛を改善する手術では、1度の手術で作れる髪の濃さに限界があります。
そのため、まだ自分の毛が薄毛部分に残っている状態で手術を受けると、1回の手術で自然な濃さの髪に見えるように仕上がるので、薄毛の改善効果を強く実感出来るメリットがあります。
あるクリニックでは、移植を受けたい部分に自分の毛がほとんど残っていないとしても、手術を2度受けることで自然な髪の濃さに見えるように出来るとしています。
このことは深刻な薄毛に悩んでいる患者さんにも希望が持てるということですが、1度手術を受けた部分にもう1度手術をしたい場合は、1回目に移植した髪が一度抜けてからしっかりと生えそろうことを待つ必要があるので、最低でも7~8カ月は時間を置いた方が良いとされています。
このように、自毛植毛は薄毛を根本的に改善出来る可能性を持つ方法ですが、手術の実施にあたって注意することもありますので、これから手術を受けたい人は医師の説明をよく聞いて、よく相談してから手術を受けると満足度の高い結果が得られることでしょう。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!