植毛の本数目安【何本植えたらフサフサになる?】

植毛の本数目安【何本植えたらフサフサになる?】

自毛植毛で後頭部や側頭部の薄毛を改善できるのか気になっている人もいるかもしれません。しかし、基本的にAGAが原因の薄毛は頭頂部や生え際などの部分に起きやすく、男性ホルモンが大きく影響しているということです。男性ホルモンが酵素と結び付くことでDHTという物質が作られるのですが、それによって毛乳頭の働きが弱まってしまうため、薄毛の原因になるとされています。このDHTの影響を受けやすいには頭頂部や前頭部となっており、後頭部や側頭部の髪の毛が薄くなることはほとんどありません。また、後頭部や側頭部は移植のために採取される部分なのですが、この髪の毛が無いという場合、頭頂部や生え際などの薄毛も進行しているでしょうし、移植できる髪の毛は残ってないことが多いでしょう。頭頂部や生え際の薄毛の場合、自身の髪の毛を移植して定着すれば半永久的にヘアサイクルを繰り返してくれるため、自毛植毛は毛髪のメカニズムに視点を当てた画期的な治療方法となっています。無制限に移植できるわけではないのですが、本数は12000本から13000本が目安だと考えられており、これだけの毛髪を移植すれば薄毛の症状を改善することができます。後頭部や側頭部から髪の毛を採取し、薄毛部分に移植するという自毛植毛だけでなく、ナイロンなどの化学合成繊維で作られた人工毛を使用する方法も知られています。日本ではまだ人工毛植毛を行っているクリニックもあるのですが、自毛を使用する方法と違って無制限に髪の毛を増やすことができるため、重度の薄毛で悩んでいる男性でも施術を受けることができます。どんな症状の男性でも利用できる手術であり、こちらの方が良いのではないかと考えている人もいるかもしれません。しかし、毛根に当たる部分に人工毛を植え込むことになるため、炎症や化膿などの副作用が起きてしまうリスクもありますし、数年で自然と抜け落ちていきます。後頭部や側頭部の毛髪を使用する方法の場合、拒絶反応などは起きませんし、メンテナンス不要で半永久的に生え続けてくれるというメリットが挙げられます。人工毛を使用する方法はアメリカでは禁止されていますし、危険な手術なので受けないようにした方が良いでしょう。植える髪の毛の目安について知りたいという場合、気になるクリニックに問い合わせてみると良いでしょう。自毛植毛では傷跡などの後遺症が起きやすいのですが、メスを使わない方法なら傷跡が残る心配もありません。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!