植毛が効果的な年齢ってある?【失敗しない植毛ガイド】

植毛が効果的な年齢ってある?【失敗しない植毛ガイド】

年齢が若いと、髪のことも悩むことが多いです。
年齢が上がってくれば、「歳だからしょうがない」と諦めることもできますが、20?30代の人だと諦めきれないケースも多いです。
AGA(男性型脱毛症)に対しては、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで改善できる有効な薬が開発・販売されています。
育毛剤でも、血流を改善したり、育毛に必要な栄養分が配合されているものが各社からたくさん登場しています。
植毛を受けるのは、薬や育毛剤でも改善できなかった場合です。
AGAの症状が出るのは、頭頂部と前頭部です。なぜ後頭部や側頭部はハゲにくいかというと、この部分はDHTの影響を受けにくいからです。
男性ホルモンが働くには、酵素、男性ホルモンレセプター、標的遺伝子が欠かせません。DHTが男性ホルモンのレセプターと結合してしまうと、毛乳頭細胞の標的遺伝子の配列が変わり、生理学的作用、つまり脱毛が起きてしまいます。
後頭部や側頭部の毛乳頭細胞には男性ホルモンレセプターがないので、AGAを発症した人でも最後まで髪が残りやすいのです。
自毛植毛は、この男性ホルモンの影響を受けにくい側頭部や後頭部の毛を頭皮ごと切り取り、薄毛が進んでいるところに移植します。
植毛を受ける年齢に決まりはありませんが、若いうちに受けてしまうと、そこからまた髪が後退して、ヘアスタイルがおかしくなってしまう可能性があります。
これに対して、すでにギリギリまで薄くなってしまった年齢の高い人ならば、薄毛がそれ以上進行しにくいので、ヘアスタイルが乱れにくいです。
若い頃に自毛植毛を受けるデメリットは、一度移植しても、AGAが進行することで見た目がおかしくなってしまう可能性があるところです。
若いうちに植毛を受ける場合には、それ以上AGAを進行させないようにDHTの生成を抑える治療薬を併用すると良いです。手術代と薬代で300万円以上トータルでかかってしまう可能性もありますから、メディカルローンなどの利用も考えて治療を受けるようにしましょう。
受けるベストタイミングは、その後のAGAの進行具合で変わります。薄毛に気づいたからといって、すぐに受けてもさらに脱毛が進行すると見た目が不自然になってしまう可能性もあります。効果が出るまでには6ヶ月?1年ほどかかるので、なるべく早く受けたいという気持ちが出てくるかもしれませんが、いつ受けるべきかというタイミングは慎重に考慮する必要があります。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!