抜け毛が増えてきたら植毛がおすすめ【手遅れになる前に】

抜け毛が増えてきたら植毛がおすすめ【手遅れになる前に】

育毛剤や育毛サロンでの頭皮ケアなど、薄毛や抜け毛が気になっている人、治したい人が選べる治療方法には色々な種類があります。
男性が薄毛になっている場合に、前頭部の生え際や頭頂部での抜け毛が増えたり、その部分の髪が細くなって地肌が目立ってしまうというタイプがありますが、これは男性型脱毛症(AGA)を発症していることが原因であるケースが大半です。
男性型脱毛症が原因の薄毛によく使われる治療法にはAGA治療薬があり、これを飲んで薄毛対策をしている人は増えていますが、AGA治療薬は薄毛の進行を止めることで薄毛の改善を目指す方法となるので、失った髪が戻ってくるのには時間がかかり、人によってはあまり効果が実感出来ないこともある他、薬を飲むのを止めるとまた薄毛が進行してしまうというデメリットもあります。
そのような様々な薄毛対策の方法の中で、もっとも確実に髪を増やせる可能性が高い方法が「植毛」です。
植毛は、男性型脱毛症が原因で抜け毛が起こっている人の場合、男性型脱毛症の影響で抜けることがない性質を持つ後頭部や側頭部の髪を、薄くなってしまった部分へ移植することで、薄毛部分に髪を増やす方法です。
この方法のメリットは、後頭部や側頭部の髪を薄毛部分に移植しても、もともとのAGAの影響を受けない性質が変わらないために、移植された部分でAGAによる抜け毛にならず、髪が何度も生え変わるということにあります。
そのため、植毛手術を受けた部分でも自然に髪が生えるようになり、AGAを発症した人でも根本的な薄毛の改善が可能になる治療法と言えます。
植毛には人工の毛を移植する方法もありますが、頭皮が人工の毛を異物と感じるため、抜け毛になりやすく頭皮にトラブルが起こりやすいというデメリットがあるので、患者さん自身の髪を移植するタイプの方法を選ぶのがおすすめです。
また、手術の方式もクリニックによって扱っているものが違っており、毛包単位で移植するFUT法や、メスを使わないFUE法などの種類があり、FUT法のメリットは移植する毛髪(ドナー)の採取時間が短くて済み、自然な仕上がりと高密度植毛が実現出来ることで、デメリットは線状の傷跡が残ることや硬い頭皮だとドナー採取が難しいことなどとなっています。
FUE法のメリットは手術後に傷跡が残らないことや、手術時に痛くないことなどがあり、デメリットは高度な技術が必要な手術なので限られたクリニックでしか受けられないことなどがあります。
移植手術にはそれぞれにメリットやデメリットがあるので、自分の希望する手術内容に適しているかを吟味してから受ける手術を選ぶと間違いが無いでしょう。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!