【植毛最新情報】料金・期間・方法など知りたいことぜんぶ

【植毛最新情報】料金・期間・方法など知りたいことぜんぶ

自毛植毛は、自分の髪の毛を皮膚組織ごと採取してそれを脱毛が進行している部位に移植していく方法です。

もともとは自分の細胞であるため、人工毛の移植のように拒否反応が少なく定着率が高いのが特徴です。

移植した髪の毛は、毛周期を経て一度全て抜け落ちてしまいますが、抜け落ちるということは移植が成功した証であり、新たな髪を生やす準備のために抜けてしまっただけで、しばらくするとまた以前のように生え揃ってきます。

移植した髪の毛は採取した部位の性質を残しているので、男性ホルモンの影響を受けにくいので、たとえ頭頂部や生え際などの男性ホルモンの影響を受けやすい部位に移植しても髪を生やすことが可能です。

ただ、植毛のデメリットというのも存在します。

それは、一度に移植できる髪の本数に限界があるということです。

ただ、移植できる本数については技術の進歩が進み、最新の移植法ではメガセッションと言って1回の手術で2回分の髪を移植できるようになってきているので、何度も移植手術を受けるよりは、その分手術にかかる費用も抑えられるといえます。

しかし、問題は移植する髪の量です。

植毛は自分の髪の毛から移植するための髪を採取する必要があり、たくさん移植をしたければそれだけ採取する量を増やさなければいけないのですが、一度に採取できる髪の量は1500~1800株が通常であり、薄毛の進行が生え際から頭頂部まで広範囲に及んでいる場合には6000~8000本の株が必要であるため、一回の治療で十分なドナー採取ができるのかという不安もあります。

現在、最新の研究では、一陣機話題になったiPS細胞を使用しての再生技術が進められています。

iPS細胞とは、人工多能性幹細胞であり、本来なら髪の毛は髪の毛、筋肉は筋肉を作る細胞が存在し、それぞれの役割や特質を兼ね備えているため、髪の毛の細胞が筋肉の細胞としては使用することができません。

しかし、iPS細胞は万能細胞であるため、薄毛が進行している部分に移植することができれば髪の毛の元となる毛包を作ることができます。

iPS細胞での植毛ができれば、自分の髪の毛からドナー採取する必要もなくなるため、ドナー採取の量の限界を気にせずに好きな量だけ髪の毛を移植することが可能になるのです。

まだマウス実験の段階なので人体では使用はできませんが、大学の研究チームによって部分的に毛包を再生することができたようで、近い将来にiPS細胞による植毛を夢ではないのかもしれません。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!