植毛するとき散髪しなきゃいけないの?そのワケとは・・・

植毛するとき散髪しなきゃいけないの?そのワケとは・・・

98髪の毛は東洋医学では血の余りと表現されており、摂取した栄養素の内で生命活動を持続するために使用した後の余りの部分により構成されています。このために、髪の毛の有無は肉体的にはほとんど関係ないので、いわゆるハゲと呼ばれている人でも良好な健康状態を保っているケースは少なくはありません。このために、髪の毛が抜けて少なくなる薄毛という症状に対しては、医療機関では急性の円形脱毛症などの一部の症状以外は、治療の対象として認識していませんでした。

また、髪の毛が何故抜けてしまい薄毛が進行するのかについてや、どのような治療を行えば発毛を促進出来るかについては、現在でも明確な答えは見つけ出せていない状況です。一応は、医学的に効果が確認されている治療法もあるのですが、100パーセントの人に有効というわけではありません。

例えば、男性の薄毛の大部分を占めているAGAに対しては、プロペシアという内服薬が開発されています。この内服薬は、AGAの原因物質の生産に関与している還元酵素の阻害剤であり、脱毛症の進行を防ぐことにより自然な状態に回復させるという内容です。1年間かけて行った臨床試験では、98パーセントという高確率で不変以上の効果が確認されています。

しかし、この内服薬は頭皮や頭髪に直接作用するものではないので、AGA以外の薄毛に対しては何の効果もありません。また、毛根機能を修復する様な作用もないので、AGAであっても発症してから年月が経過した様な場合は、元の状態に回復させるということは期待できません。さらに、AGAの原因物質のDHTは、本来は男性性器の発育に関与している物質です。このために、未成熟な状態で服用すると発育が阻害される危険があるので、未成年者や妊娠中の女性などは使用することは禁止されています。

この様に、現在の最先端の方法を用いても薄毛を完全に元の状態にまで回復させることは非常に困難です。また、副作用に見舞われる危険もあるので、誰でも行えるというわけでもありません。しかし、何も方法がないというわけではなく、かなり期待が持てる治療技術も進化しています。それは、自分の後頭部の毛根組織を薄毛部分に移植する自毛植毛という治療法です。

自毛植毛を行うことにより、後頭部の毛根が薄毛の部分に定着することになります。この毛根の内部に存在している毛母細胞が分裂することにより、髪の毛は成長していくことになります。この髪の毛は自分自身のものであり、散髪や洗髪は自由に行うことが出来ます。また、後頭部の傷跡も残りにくいので、散髪時に指摘されることを心配する必要はありません。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!