植毛と白髪の関係|目立たずに植毛できますか?

植毛と白髪の関係|目立たずに植毛できますか?

植毛の際に、髪の毛が黒い場合、白髪になったら植毛した部分は、黒いままだったら目立ってしまうのではないかという心配になる人もいますが、実際のところ、人工毛を利用した場合は髪の毛の色が変わってしまうということはありませんが、自毛で植毛をした場合は、植毛をまだ黒い毛が多い時期に行ったとしても、周りに合わせて白髪になり、最終的には目立たなくなります。
自毛は人工の髪の毛とは違い、自分の頭皮細胞を使用するので、AGAなどの影響を受けにくい後頭部、側頭部といった場所から移植を行うため、黒髪なら黒髪が生え、白髪だったならば、その後の髪の毛も白くなるという特徴があります。
加齢により、白くなった場合、自毛を移植髪の毛も色素が抜けて白くなります。髪の色に違いがあったとしても移植した部分は、周りの色とまったく同じの髪の毛が生えてくるため、移植した部分だけが目立つということはありません。
自分の毛を移植したあと、元の性質を引き継ぐという現象をドナードミナンスの法則といいます。このメカニズムを利用することで、移植した髪が自然に周りになじむようになります。移植したからといっても、もともとの髪の性質を受け継いでいるため、移植した部分だけ黒く残るということがありません。髪質もそのまま受け継ぐため、髪質が移植した部分だけ違うということもないので、より自然な髪になります。
しかし、ヘアスタイルについては、医師の技術によって変わってしまいます。ヘアスタイルを自然にするためには、実績があるところで治療を受ける必要があります。自髪で移植した場合、人工の髪とは違い、自分の髪なので、まったく定着しないということはほとんどありません。
また、自然に伸びてくるため、散髪をしたり以前の自分の髪と同じように扱うことができるのも大きなメリットとなります。定着した後抜けて次の髪の毛が生えてくるまで時間がかかってしまうというので、すぐに改善できるというわけではありませんが、自然に伸びて、抜けるというヘアサイクルが自分の髪と同じように行われるため、周りの髪の毛と同じように白髪にもなります。
メンテナンスも、もともとの髪と同じようにメンテナンスをすることができるということも自毛植毛の大きなメリットとなります。老後も自然な状態で髪を維持することができるので、移植するのは人工毛よりも、自毛の方が老後も安心することができます。
ただし、人工毛を使った場合には、髪質も違い、周りが白くなったとしても、黒く残ってしまいます。また、髪質も違い、伸びることもないので、不自然になってしまいます。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!