植毛とは何ですか?【育毛、増毛とは全く違う薄毛治療】

植毛とは何ですか?【育毛、増毛とは全く違う薄毛治療】

植毛とは、外科手術に該当する医療行為の一つであり、頭皮に毛髪を直接植え込む施術法を指します。

そしてこの植毛には、自分の髪を植え込む事で効果を得る、自毛植毛と、合成繊維で作られた人工毛を植え込む人工植毛の二つに分かれます。

植毛が必要となる主な原因の一つとして、男性ホルモンの影響による男性型脱毛症(AGA)などが挙げられますが、この男性ホルモンは後頭部や側頭部は影響を受けにくいといった面があります。自毛植毛ではこの点に着目し、後頭部や側頭部の毛髪を頭皮ごと切除し、それを細分化し株分けを行い、髪が薄くなっている箇所へと移植を行う事で増毛を目指すといったものとなります。

この際に移植した毛髪が定着する事により、他の毛髪と同様に長さも伸びてい行き、仮に抜け落ちたとしてもまた生え変わる様になります。この様な点から、一度自毛による植毛を行えば、再度植毛などを行う必要はありません。そして自分の毛髪を利用しての植毛である為、その仕上がりも自然であると言えます。

しかしこの自毛植毛を行う場合の注意点として、メスを使用しての植毛を行う、FUT法の場合には、頭皮に傷などが残ってしまう恐れがあります。その為、FUE法といった頭皮を切除しない自毛植毛を行う方法があり、こちらは傷などが目立たないといった特徴があります。

一方で人工植毛ですが、こちらはナイロンやポリエステルなどといった合成繊維で作られた人工毛を使用し、植毛を行います。その為、頭皮に植え込む毛髪の長さ、量などを自毛植毛と比較した場合より自由に決める事が可能であり、一回の植毛により自分のイメージを形にする事が出来ます。

しかし人工植毛を行う場合の注意点として、人工植毛とは自毛ではない、自分の体にとっては異物を頭皮に移植する為、自毛植毛と比較してトラブルを誘発しやすいといった点が挙げられます。代表的なものとしては、人工毛を異物が体内に侵入してきたと体が判断して、結果として毛髪が抜けやすくなってしまうといった症状が現れる可能性があります。

その為に、ある程度の毛髪のボリュームを出させる事を考えた場合には、一年に一回から二回程度のメンテナンスを行う必要があると言えます。

その他には毛髪の付け根の箇所において、毛髪が切れてしまった場合には、結果として人工毛が頭皮の中で埋まってしまうといった事も挙げられます。更にそこが化膿や炎症などを起こした場合には、周辺の毛髪も抜けてしまうといった可能性もあり、海外などでは自毛植毛による植毛が一般的に行われています。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!