植毛で頭皮の薄い箇所をカバー|植毛の効果と費用

植毛で頭皮の薄い箇所をカバー|植毛の効果と費用

AGAの治療を受けてもいまいち成果が上がらなかった人は、植毛を利用することを検討するべきです。以前は人工毛を植える方法しか無かったためリスクが高く、拒否反応を示してしまう人も多く頭皮が赤く腫れあがり痛みを伴ったり、化膿して治るのに時間がかかる、さらには植えた人工毛が抜け落ちてしまうことがありました。

植毛に使われる設備機器の改良が進み、さらには自毛を植えることができるようになったため、過去にあったような拒否反応も少なくなっています。植え付ける毛のドナー採取は、ほとんど後頭部から行われます。後頭部は男性ホルモンの影響を受けずはげる心配のない部分であり、採取した傷口も目立たなくて済むためです。頭の横の部分の毛も同様の理由で使うことができます。昔は採取する際も手術でメスを使い広く切っていたため、毛で覆い隠せる場所から採取することが基本でしたが、今はチューブパンチを用いて吸引採取する方法が実施されているので、採取場所の傷も目立たないところまで回復できるようになってきています。

頭皮に植毛する際には、髪のボリュームや生え際の形について医師とよく相談を行っておくべきです。一度植毛を受けても毛のボリュームに満足できずに再び行う人も多いからです。生え際は、色んなヘアアレンジを行う際に重要です。不自然な毛の並びだと疑われる可能性もあるため、自然な形になるようにしてもらうべきです。

植毛後しばらくは頭皮に赤い痕が残り、かさぶたなどができる場合もあります。治ってくるとかゆみなども伴う場合がありますが、手術を受けたばかりの時に刺激を与えるのは禁物ですから、無意識に手でかいたりしないように注意し、我慢できない時には医師に相談するべきです。シャンプーを開始していい時期もよく聞いておき、自宅でのケアをしっかりと行っていきます。外出する際に帽子などを利用する場合は、締め付けの少ない少し大きめのサイズを選んだ方が無難です。

毛周期に合わせて一度抜け落ち、新たにしっかりした髪の毛が徐々に生えそろっていくようになるため、初めの1か月から2か月くらいの間はまだ薄毛の方が目立つ状態の人が多く、半年ほど経過してくるとだいぶ生えそろってくるようになるため、焦ることなく経過観察が必要です。

人工毛のように減ったところに植え直すメンテナンスは必要ありませんが、しっかり定着しているか頭皮に炎症など起こしていないか見てもらうためにも、生えそろうまでは定期的に通院して診てもらう必要があります。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!