薄毛には植毛が一番?植毛が効果的な理由まとめ

薄毛には植毛が一番?植毛が効果的な理由まとめ

薄毛治療には、内服薬、増毛、植毛、毛髪再生療法、などがあります。
ここでは、医療行為の一種として扱われている、自毛植毛について紹介します。
自毛植毛の流れを大まかに見ると、デザイン、ドナー採取、グラフト分け、スリット作り、移植、となります。
ステップ1のデザインは、移植元の髪の毛をどの範囲に移動させるか、どれくらいの密度で発毛させていくか、の2つをプランニングします。患者の希望を医師がヒアリングして、治療像を明確にしていくステップです。
ステップ2のドナー採取は、頭皮に麻酔をかけて、移植本数に応じて移植元からドナーを採取します。使うのは、後頭部や側頭部で、頭皮ごと採取します。
術後の傷跡が目立たないように、メスで細長く切っていくのが一般的です。ドナー採取に使われた頭皮は、その後縫合します。
ステップ3のグラフト分けです。グラフトとは、移植株のことです。
採取したドナーを素早くグラフトに切り分けます。切り分けは、患者の頭皮状態によって異なります。1つの毛穴に対して1本の毛を振り分けるのではなく、複数本の毛を束ねて振り分けるのが一般的です。
ステップ4のスリット作りは、複数本の髪の毛を束ねる作業と並行して行います。
頭皮の移植部分にグラフトを埋め込むためのスリット(切れ目)を入れます。切り目の角度によって作業効率が変わってくるので、技術者の腕の見せ所でもあります。
ステップ1のデザインに沿ってラインを整える必要があります。
ステップ5は、いよいよ移植です。
スリットを入れた頭皮の切れ目に、細かく束ねたグラフトを移植します。移植の角度、密度によって仕上がりが変わってきます。
すべてのグラフトをスリットに埋め込めば、治療は終了です。
多くのクリニックで採用している術式は、「ニードル式」「FUT法」「自動植毛療法」です。
ニードル式はグラフト分けの後に、専用の針で、移植孔の穴あけ、移植、の2つの作業を並行して行うことができます。グラフト単位で移植可能なので、角度や高さの自由調整ができます。
FUT式は、ドナーをFU(毛包)単位で切り分けて、スリットに植え込む術式です。髪の生着率が高い、仕上がりが自然、というメリットから、世界中で普及しています。
自動植毛療法は、ドナー採取、グラフト分け、スリット作り、移植の作業を専用の機械が自動的に行う方法です。術者の腕に技術が左右されない、作業スピードが上がる、というメリットがあります。
薄毛改善のために治療を受けるならば、以上の流れを知っておくと安心です。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!