植毛|髪の毛を気にする男性の割合は実に◯%!悩む前に!

植毛|髪の毛を気にする男性の割合は実に◯%!悩む前に!

日本では植毛技術はあまり普及していないので手術を受ける人の割合が少ないのですが、欧米では植毛が普及しているので53%の割合で自毛植毛が選択されています。日本人の場合は男性型脱毛症の症状が出るとドラッグストアで市販の育毛剤を使ってセルフケアをするのが一般的で、薄毛の進行がひどくなってくると、本格的な治療を受けるために美容外科や専門のクリニックに通院します。そこでAGA治療薬を処方されて、それを数年間服用し続けるのが一般的なので、薄毛の状態を維持することが主な目的になっています。植毛は外科手術なので頭皮を切除する場合があるので、健康面でのリスクも高くなりますが、後頭部の頭皮は男性ホルモンの影響を受けないので半永久的に髪の毛を維持することができるので、アフターケアなどが必要ありません。カツラを使用する場合には短期間で自分にあったものを作ることができますが、バリエーションを増やさないといつも同じ髪型で過ごさなければならないので、オーダーメイドの場合にはかなり高額になります。またカツラは自然な感じを維持するためにメンテナンスをしなければならないので、アフターケアの料金がかかります。髪の毛がある程度残っている場合には、1本の髪の毛に人工の毛を結びつける方法があるので、手軽に増やすことができますが、費用が高いので無料体験などを利用してから自分にあった方法で増毛をすることが大切です。また植毛手術をうける場合は肉体労働の場合には仕事を休まなければならないので、手術方法の採用に関して医師と相談をして1番相応しい物を選ばなければなりません。自毛を移植する場合には半年から1年程度の治療期間を必要としますが、費用が50万円から150万円程度で、アフターケアにあまりコストがかからないので、他の増毛法と比較するとコストパフォーマンスがかなり良くなっています。育毛剤が1番普及しているのですが、効果に個人差があるので、最終的なコストは数百万円になる場合があります。育毛剤は毎日2回使用しなければならないので、手間がかかることで持続できない人も多くいます。専門のクリニックに通院すると定期的に通院しなければならないので、持続するのが難しく、またマッサージやオーダーメイドのサプリメントを購入しなければならないので、他の治療に比べてコストがかかることもあるので、薄毛が進行している場合には医師と相談をして将来的なコストを考慮して治療を行う必要があります。

人気の増毛・植毛関連コンテンツ

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!